ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

2019年5月に読んだ本

2019年5月に読んだ本は9冊でした。今年に入って42冊です。8冊/月くらいのペースなので、このペースなら個人的に目標としている、年間100冊には到達出来るかな、という感じです。ただ、6月は仕事が忙しすぎて、ここまで1冊しか読んでないのが気になる所です。

 

さて、5月に読んだ本も面白い順に並べてみました。「福岡市を経営する」が個人的な白眉でしたね。政治家が、現状の停滞感をどうやって解消していくのか、時間を確保するために取捨選択をどうするのか、というのが分かって面白かった。政治も経営も優先順位付けが大切だよね。

 

・福岡市を経営する

・人生の結論

・IQ

・世界一やさしい「思考法」の本 「考える2人」の物語

・アンと青春

・本当の翻訳の話をしよう

・自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年目の教科書(再読)

・みみずくは黄昏に飛びたつ(再読)

ドラゴンランス3(再読)

 

 

福岡市を経営する

福岡市を経営する

 

 

感想はブクログに掲載していますので、気になる方はどうぞ。

booklog.jp

 

なお、ドラゴンランスは古い本なので、感想は書いたのだけど割愛しますね。ドラゴンランスは読んでいて面白いんだけど、昔読んだときよりは興奮しないかな、という感じ。読んでいるときの時代背景もあるだろうし、自分の経験値も変わってくるし、同じ読書体験って出来ないよな、とそんな事を考えたりもしました。

-----

という感じで5月も楽しく本を読めました。

 

5月のゲーム生活的には、地球防衛軍5を全クリア(プラチナトロフィをゲット)したのがハイライトかな。DLCの強い武器を使っているのでチートと言えばチートなのですが、全兵種を難易度インフェルノでクリアするのはそれなりに大変ではありました。達成感・充実感は大きいですね。ロボット大戦Tはボツボツ進行し、物語はようやく中盤戦。ビルダーズ2はすっかり積んでしまったので、ロボット大戦が終わったら、進行かな、というところ。

 

映像的にはなんと言ってもアベンジャーズ・エンドゲームを見たのがハイライト。ここ10年間くらいのマーベル映画の集大成でもあり、見終わった瞬間には満足と言うよりロス感の方が大きかったですね。ほぼすべての関連映画を見ているので、満足度はむちゃくちゃ高かったです。時間があれば頭からすべて見直したい気分。

 

という感じで、5月の振り返りも終わりです。6月も楽しく過ごしますよ~

2019年4月に読んだ本

2019年4月に読んだ本は5冊でした。今年に入って33冊ですね。

 

4月は仕事が立て込んでいて、仕事をこなすのに精一杯→ストレスがたまる→ストレス発散にお酒飲む→疲れているので酔いが進む→夜は何も出来ない(笑)のコンボがあり、あまり本が読めなかったですね。5月には落ち着くと思うので、もう少し読書を楽しみたいな、と思っています。

 

さて、4月に読んだ本も面白い順に並べてみました。

 

・私がオバさんになったよ

・スタートボタンを押してください

・居酒屋ぼったくり

ドラゴンランス戦記1、2



詳細な感想はブクログに掲載していますので、気になる方はどうぞ。

booklog.jp

 

私がオバさんになったよ、はジェーンスーさんの対談集で金言揃いで面白いので、中高年にオススメですね。居酒屋ぼったくりは、プライムリーディングで読めたので読んでみた。気軽に読める居酒屋本として楽しめました。

 

 ドラゴンランスについては古い本でもあるのでブクログに登録せずに、こちらに感想書いておきます。

 

ドラゴンランス1、2

超久しぶりに再読したファンタジー作品。昔読んだときに比べて人物造形が秀逸だな、と思ったり。一枚岩のチームではないし、皆のつながりが強固ではないし、個性を出し過ぎるが故にまとまりもないし、非常に人間くさい。ただ、この癖のあるチームが様々な困難に立ち向かう様にカタルシスがあるんだろうな、と思ったりもする。すごい昔に読んだはずなのに、魔術書の件とか覚えていてびっくり。続きもゆるゆると読み進めたい。

-----

という感じで4月も楽しく本を読めました。

 

4月のゲーム生活的には、ロボット大戦の最新作を思わず買ってしまったのがハイライト。Switch版ですが、ロード・セーブは瞬時に終わるし、ソフトリセットも爆速でものすごく快適。スパロボは数年ぶりに遊びましたが、大きく進化していて良い感じ。おかげで、ビルダーズ2は完全に積んでしまいました。ロボット対戦クリアしたら戻る予定。

 

ということで、4月の振り返りも終わりですね。5月も楽しく過ごしたいな、と思います。

 

 

2019年3月に読んだ本

2019年3月に読んだ本は6冊でした。

今年に入って28冊を読みました。

 

今月の冊数が少ないのはWeb版の「無職転生」が原因。ふとした契機から読み始めたら止まらず、本編終了まで読み切ってしまいました。*1なんにせよ、非常に吸引力がある小説で最後まで楽しめました。いずれこの世界観を背景とした続編も出るのかな、と思ったり。

これだけ連続して小説を読んだのは、過去にWeb版の本好きの下剋上にはまっていた時、以来かな。なんにせよ面白い小説をガリガリと読む幸せってあるよね。

 

さて、3月に読んだ本を面白い順に並べてみました。

本好きの下剋上 4-6

・運命を拓く

・もっとずぼらヨガ

しないことリスト

・RPAの威力

・墜ちて修羅、鋼刃舞うは極夜の空

 (ゲーム「新釈・剣の街の異邦人」の小説)

 

詳細な感想はブクログに掲載していますので、気になる方はどうぞ。

酒ねこの本棚 (orangewind) - ブクログ

 

 

寸評としては、以下の通り。

 本好きの下剋上は、安定して面白かった。

 運命を拓くは、久しぶりに読む中村天風節が心地よかった。

 もっとずぼらヨガは、シリーズ全体が座右の書になりそう。

 しないことリストは、いくつか生活に取り込めると良さそう。

 RPAの威力は、一読してRPA時代の幕開けを感じた。

 墜ちて修羅は、若干の食い足りなさがあり。(詳細は後述)

 

-----

という感じで3月も楽しく本を読めました。

 

3月のゲーム生活的には、ビルダーズ2をそれなりに遊んで終わり。ビルダーズ2は終盤戦に入った。遊んでいると面白いんだけど、ノルマをこなすのが大部分というゲーム性もあって、熱中度がちょっと薄いかな、という印象。なので今月はクリアには至らず。まぁ、4月中にはクリア出来るっしょ。

 

映像生活的にはドラマのジョンルーサー・シーズン4がネットフィリックスにあるのを発見して見たのがハイライト。相変わらずのダークテイスト(テーマが重く、グロいシーンが多い)で万人にはお勧めできないなぁと思ったり。ただ、日本でたぶん見ることができないドラマシリーズなので、刺激が欲しい方は見ても良いかも。個人的には、見終わった瞬間に「見届けて良かった」という気持ちと「見なきゃ良かった」という気持ちに同時に包まれました。

 

どうやら、本国ではシーズン5を年始に放送したらしく、スカパーで近日放送するらしい。そのうちネットフィリックスでも配信されると思うけど、見るのが楽しみなような苦痛なような(笑)

 

ということで、3月の振り返りも終わりですね。4月も面白い本をたくさん読めると良いな。

 

 

運命を拓く (講談社文庫)

運命を拓く (講談社文庫)

 

 

あと、番外編として、ゲーム付属小説の感想も残しておきます。こちらは、ブクログも登録できないので備忘として。

 

・墜ちて修羅、鋼刃舞うは極夜の空(ゲーム「新釈・剣の街の異邦人」の小説)

ゲームは序盤のみプレイしており、小説を先行して読了。キャラ設定が面白く、小説としても臨場感があるのだが、ページ数が足りなすぎて話がよく見えにくく、キャラにも感情移入しきれない、というのが正直な感想。ベニ松さんの他の小説は結構好きだっただけにちょっと残念。どうやらエピソードを追加したバージョンもあるみたいだけど、触手は動かないなーというところ。

 

ちなみにゲームは自分と肌が合わなかったのでペンディング中。どうやら、オイラはWiz原理主義者だった模様で、Wizと違う点がどうにも気になってプレイが進みませんでした。ゲームとしては非常に良く出来ているとう感じたので、はまる人ははまると思うんだけどね。こちらも個人的には残念でした。

 

*1:ちなみに既刊だけで21冊とか。オイラは何冊分読んだんだw

2019年2月に読んだ本をレビューする

2019年2月に読んだ本は14冊でした。思ったよりたくさん読めました。今年に入って22冊ですね。ぼんやりと年間100冊読めれば良いかなと思って読書していますが、2月は割と良いペースで本が読めたかな。

 

さて、2月に読んだ本も面白い順になんとなく並べてみましたが、今月は全部面白かったので、あまり順番は関係ないかも、ですね。

 

・天冥の標10−3

・アイデア大全

・情報参謀

・その悩み、哲学者がすでに答えをだしています

・ずぼらヨガ

プロパガンダゲーム

・「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本

本好きの下剋上ふぁんぶっく3

・まんがで身につくファイナンス

・(新装版)LOVE理論

・いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる 銀座の雑談手帳

・マンガで分かる!誰とでも15分以上会話が途切れない!話し方

・マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術

・修行論(再読)




 

 天冥の標シリーズもついに完結しました。この物語を日本語でリアルタイムで読めて本当に幸せでした。ここまで魅力的な各種設定を詰めこんでいるのに、きちんと完結したのは本当に見事。ただ、全体としての風呂敷を広げすぎたが故に、メインストーリーのオチの付け方があっさりしすぎていて、若干の肩透かし感があるのも事実ではあるんだよね。まぁ、作者は続編もほのめかしているので、そのうち出るだろうと思われる次の物語に期待ですかね。

 

 

 イデアをどのように生み出すのか、というのを過去の歴史からひもといて、あらゆる角度から紹介している本。アイデアを出すための42種類の方法が章に分かれて書いてあり、絵や写真が豊富にあるので一見読みやすそうに見えるんだけど、1章1章がとにかく重く、毎日1章読むのがやっと、という感じの非常に骨太な本。

イデアに煮詰まった時には、この本をパラパラめくって様々な解決方法を試してみれば、アイデアが出ないという事はあり得ないよな、と感じたりした。

最後の年表に至るまで、非常にずっしりとした内容の本であり、生半可な覚悟で読み始めると挫折してしまうと思う。ただ、豊かなアイデアを出したいと思う人は飛び込んで損なし。そんな本ですね。

 

 

情報参謀 (講談社現代新書)

情報参謀 (講談社現代新書)

 

 自民党が野党になった際に、どうやったら自民党が政権与党になれるのか、について情報戦略面から支えた人の話。現代においては選挙に勝つのは情報戦だという認識はあったけど、思った以上に情報を活用して選挙戦を戦っていたんだな、というのがよく分かって面白かった。また、このノウハウを逆に使うことが出来れば、政治を変えることができるかもな、と思ったりもした。

ただ、このノウハウが未だに使える面もあるだろうし、今現在においては全く使えないノウハウもある気がするし、この手の話は日々進化しているんだろうな、と思うので、うまく時代に合わせた振る舞いが必要な気がする。自分自身が情報や政治に翻弄されないためにも読んでおくと良い気がした。

 

 

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています

 

 人類不変の各種悩みに対して、過去の哲学者たちがどのように答えているか、について書いてある本。哲学書入門としての側面もあるし、単純に今、自分が抱えている悩みに対する回答が書いてあって、読むことで頭や気持ちがすっきりする。

何のために哲学という学問があるのか、が体系的に分かって面白いし、ある哲学者が出した回答が実は後世においてひっくり返されている、という事も分かったりして、哲学という学問の不安定さと奥深さが分かって非常に興味深い本だな、と感じた。 

 

 

自律神経どこでもリセット!  ずぼらヨガ

自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ

 

 日々の生活に疲れ切って、休みの日に転がって体力を回復するだけの生活をしていた著者が、ある日ヨガに通ったら体調が戻ったという体験から、日常生活にヨガを取り入れるためにはどうしたらよいのか、を絵付きで語っている本。

いわゆるヨガ教室にあるような難しい型ではなくて、誰でもずぼらに出来るヨガが紹介されている。私自身も休みの日にぐったりしている事が多かったけど、当該ヨガをいくつか試してみることで、休みの日も昔に比べてすっきりと過ごすことが出来るようになってきた。電子書籍で読んだけど、紙版も購入したくらい気に入りました。

 

 

プロパガンダゲーム (双葉文庫)

プロパガンダゲーム (双葉文庫)

 

 

就職活動の採用試験として、8名の学生を政府(戦争推進)とレジスタンス(戦争反対)に各4名ずつ振り分け、4人のうち1名が相手のスパイ。ネット上の架空国家のベースとし、100名の中立な市民に投票させ、相手に勝てるかを競わせる、という初期設定がとにかく素晴らしい。この設定を考えついただけで100点という感じの小説でした。中身としても、広告業界がもつ光と影が浮き彫りになっているし、政府やマスコミのあり方もどのようになったら良いのか、というのを非常に考えさせられた。

ただ、読後の印象としては若干食い足りないかなーという印象はありました。理由としては、登場人物たちが選ぶ選択肢が読者に提示されていないため、何を選ばなかったのかがわかりにくく葛藤やドラマが生じてない点、各登場人物のキャラ立てが弱く感情移入しにくい点、2時間という時間の割にやっていることが少ない点(もっと色々やれると感じたので)等があるかな、と。

改善点として、文章量を増やして情報ソースの選択肢の例示をしたり、各登場人物が広告業界を目指した動機や過去のエピソード等を掘り下げてみたりすると、物語により深みが出て良かったんじゃないかなと思った。まぁ、総じて面白かったけどね。

 

 

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本

 

 繊細さというのは大切な個性であるため、精細さをなくそうとするとその人自身の良さもなくなるため、繊細さをきちんと生かしながら生きていくためにはどうしたらよいか、についてのヒントがたくさん書いてある本。

我慢をやめて本音で生きることを習慣にすると人生が楽しくなるよ、ということが繰り返し書いてある。本当にその通りだな、と思ったり。

 

 

本好きの下剋上ふぁんぶっく3 本好きの下剋上(ふぁんぶっく)

本好きの下剋上ふぁんぶっく3 本好きの下剋上(ふぁんぶっく)

 

 だいたい毎年1冊ペースで発刊している、本好きの下剋上の設定資料集的な本。口絵や表紙のギャラリーから始まり、設定資料集、作者による外伝、漫画家さんによる外伝漫画、Q&Aなどなど。圧巻なのがQ&Aで、読者からの細かい質問に対して、作者が快刀乱麻に回答していく様が本当に見事。作品上には書かれてないけど、作者の頭の中には様々な設定があるんだなぁ、と感心しきり。こういう水面下の設定が濃密にあるからこそ、本編物語が豊かになっているんだな、とそんな事を思ったりした。ふぁんぶっくは定期的に出そうなので、来年も発刊が楽しみです。

 

 

まんがで身につくファイナンス

まんがで身につくファイナンス

 

 まんがで身につく、とは書いてあるものの、文章の量が割と多く、ガッツリとした内容。また、減価償却や、キャッシュフロー計算書、現在価値やNPV、IRR、企業価値評価等の内容が非常にコンパクトにまとまっているため、ファイナンス初心者の方にはお勧めできる内容かな。個人的には会計を仕事にしているため、割と既知の内容が多かった、という印象。

 

 

LOVE理論

LOVE理論

 

 水野敬也(いや、愛也)さんが書いた渾身の恋愛テクニック集。なるほど、これは割と使えると思うテクニックから、いやこれやっちゃダメでしょ、と思っちゃうテクニックまで山盛り。また、文章全体から伝わってくるグルーブ感が半端なく、サクサクとものすごい勢いで読めてしまう。オチまで含めて名著だよな、と思ったりした。個人的に、この勢いすごく好きです。

 

 

いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる 銀座の雑談手帳

いつ、誰が相手でも必ず盛り上がる 銀座の雑談手帳

 

 銀座のママさんが、どのようにしたら雑談が盛り上がるのか、を丹念に記載した本。自分が持っているテクニックをきちんと開示してあり、内容もまとまっており、雑談と一言で言ってもいろんなアイデアがあるなぁ、と率直に感じた。

あと、合間に入っている銀座のお土産オススメも、どれも美味しそうで流石だな、と思いました。全部食べてみたい。

 

 

マンガでわかる!  誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

 

 相手の気持ちに寄り添って話をすれば、気持ちよく話が出来るよ、とそんなことを繰り返し書いてある本。マンガでロールプレイをして、その解説文章を読むという構成なんだけど、マンガの分量と文章の分量が絶妙で、サクサクと読むことが出来た。会話に悩んでいる人は読んでみると良いと思う。

 

 

マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術

マンガ 敏感すぎて、「毎日がしんどい」を解決する5つのメンタル術

 

 ゆうきゆうさん原作のマンガ。HSP(疲れやすい人)がどのように過ごしたら良いのか、をマンガで面白おかしく解決した本。主人公の精神科医の行動がとにかく破天荒で読んでいて非常に楽しい。内容が濃い割にサクサク読めて良い感じ。

 

 

修業論 (光文社新書)

修業論 (光文社新書)

 

 久しぶりに再読。相変わらずに内田節で楽しめた。身体の使い方を理解するためには、あらかじめ説明する手段は無く、愚直に型を繰り返し、ある日突然悟る事で身につく、というのは確かにその通りだな、と思ったりもする。例えば自転車の乗り方は、一応の型はあるものの、自分が体で理解する以外に習得する方法は無く、補助輪付ける、後ろを持ってもらう等の型を繰り返すことで身につくわけで、各種修行で身につく身体感覚というのも同じような事なんだろうなと思ったり。

また、著者が書いてあるとおり、この本は様々な要素が雑多に入っている幕の内弁当のような本だけど、何のために修行をするのか、ということについては一貫しているため、様々な角度で修行について考えることができる本とも言えるかな。

 

-----

という感じで2月も楽しく本を読めました。

 

2月のゲーム生活的には、ドラゴンクエストビルダーズ2を7割くらいクリアして終わりという感じでした。今のところの印象としては、1の方がコンパクトにまとまっていて、ドラクエという世界観も十二分に生かした良作だったけど、2は良くも悪くも作業感が多い印象。

具体的には、2は都度都度、課題が出てくるので、ゲーム進行に悩まなくて良いけど、その課題にストーリー的な必然がないものも多く、言われたことをやるだけで終わってしまう傾向がある感じ。まぁ、楽しいことは楽しいけど、前作の方がストーリーとゲーム性がマッチしていて個人的には好みでした。全部終わったら詳細な感想は書くかも。

 

ということで、2月の振り返りも終わりですね。3月も面白い本をたくさん読みますよ。

 

 

2019年1月に読んだ本をレビューする


2019年1月に読んだ本は8冊でした。昨年は12冊/月とハイペース過ぎたので、今年は、もうちょっとスローペースで本を読み進む予定です。*1

 

さて、1月も原則として面白い順に並べてみました。


・天冥の標10-2

平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼

冴えない彼女の育てかたFD2

・気の人間学

・サービスの生産性を3倍高めるお客様行動学

・傷つきやすい人のための図太くなれる禅思考

ナンシー関の名言・予言

・世に棲む日日 1



 

 最終章(全3巻)の2巻目。日本屈指のSF超大作も完結に向けてのラストスパート。内容的には、数巻にわたり貫かれた大きな物語に決着がつく場面もあり、解決策には若干の寂寥感を感じたりした。個人的には破壊ではなく、和解であって欲しかったというか。

また、物語全体に脈々と流れているテーマについては決着はつかず、次巻に持ち越し。テーマの解決策も提示されたけど、「ここで数巻前の、あのテーマを持ってくるのか」とちょっとビックリした。もっと科学的な解決方法だと思っていたので。まぁ、これもこの物語っぽくてありだよな、とも思ったりもした。

なんにせよ泣いても笑っても残り1巻。どのように物語が畳まれるのかを楽しみに待ちたい。この物語を日本語でリアルタイムで読める幸せってあるよな、と思ったりもした。

 

 

 Jリーグ54クラブのすべてのスタジアムを訪れたことがある著者が、各チームのことを写真2ページとコラム2ページで紹介する本。写真ページではスタグルやマスコット、各チームの初得点者が写真入りで紹介されており*2、意外な選手が初得点を取っている事が多く、古くからのJリーグファンとして非常に楽しめました。

コラムについては各チームに歴史あり、という感じでどのクラブのサポーターもそれぞれ愛をもってチームを応援しているんだな、というのが分かって胸熱。ただ、一部チームのコラムに関しては、これ写真ページと内容かぶっているよね、というような薄味のコラムがあるのも事実。

ただ、全54チームに対して濃いコラムを書く事など事実上不可能だと思うので、たまに入ってくる緩いコラムも含めて、この本を楽しむのが正解だと思う。全チームについてコラムを書く、ということ自体が偉業だとも思うので。



 

 様々な媒体で掲載されていた短編を集めた本。久しぶりにこのシリーズを読んで「登場人物たちの事を結構忘れているなー」とか思っていたけど、読み進めると濃い登場人物たちの事をありありと思い出してきて、あっと言う間に物語の世界観に戻れました。

相変わらずの独特の文体と癖のある描写は、読んでいて非常に心地よくてあっと言う間に読了。この世界観の続編も読んでみたいなぁ、とそんなことを考えたり。

 

 

気の人間学

気の人間学

 

 医師である矢山さんが、訓練することで「気」の力を身につけることが出来るというのを、様々な研究結果を基に書いてある本。書いてあるとおり実践すると、手のひらの上に「気のボール」が作れるようになったので、軽くビックリ。

この気の感覚をベースに体中に気を回す訓練をすると、そのうちに外気を取り入れることが出来るようになるとの事だが、虚心坦懐にやってみようかな、とそんなことを考えた。

 

 

サービスの生産性を3倍高めるお客様行動学

サービスの生産性を3倍高めるお客様行動学

 

 利益が落ちてきた居酒屋を中小企業診断士の観点から再興していくという話。登場人物たちが猫なのが読んでいて楽しい。文章が平易で読みやすいし、使っている手段もわかりやすく適正で説得力もあり、居酒屋にかかわらずサービス業全般で使えるメソッドだな、と思う。

 

私の現状の仕事はサービス業ではないけど、エッセンスとして使える部分もあったので、色々と応用したいな、と思った。

 

 

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考

 

 

禅の考え方をベースにして、図太く生きると傷つきにくくなるよ、というのを色んな角度から書いた本。文章は平易で読みやすいし、他人と比べないで昨日の自分と比べると良いとか、失敗は開き直ればOKとか、現在を見つめれば良いとか、ピンチをチャンスに変えると良いとか、呼吸を整えると精神が落ち着くとか、明日から使える良い文言がそろっている。

禅の本やメンタル回復本が好きな人は、どこかで読んだことのある話が大部分だけど、良くまとまっているし、読んでみて心がすっきりするのでオススメです。

 

 

ナンシー関の名言・予言

ナンシー関の名言・予言

 

 ナンシー関さんの過去の名言を集め、若干の解説を含めて1冊にした本。ナンシーさんの本を読むのは久しぶりだったけど、相変わらずの毒舌っぷりが見事で、読んでいて痛快で楽しかった。現在においては、ここまでの毒舌をはくことも難しいとは思うけど、ナンシーさんが生きていたら平気で発言するんだろうな、とも思ったりした。

単行本に対しての初収録コラムもあってお得感もある。ただ、時代的にに古いネタが多いため、懐かしニュースを読むような感覚もあるのも事実。あと、毒舌では無いけどジェーンスーさんにナンシー関さんと似た香りを感じる今日この頃でもあります。

 

 

新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)

新装版 世に棲む日日 (1) (文春文庫)

 

 最近、松陰先生に関連する映像や文章に触れる機会が多かったため、久しぶりにこの小説を読みたくなって何回目か分からないくらいの再読。

松陰先生の人生は、行動だけ見ると破天荒だな事が多いけど、長州藩をはじめ日本全体をよくするための行動だったんだよな、ということを改めて感じたりした。また、自分自身が松陰先生の考え方とよく似ているなぁ、とも思ったり。まぁ、先生ほどの激情や行動力は無いんだけどね。2巻以降も楽しみながら再読していきたい。


-----

という感じで1月も楽しく本を読めました。

 

1月のゲーム生活的には、デッドセルズをひたすら遊んでいて終わりという感じでした。一応ノーマルはクリアし、ハード以降はどうしようかなと思案中。2月は積みゲーを色々と崩したい所だったんだけど、先日、ドラゴンクエストビルダーズ2を唐突に購入してしまい、楽しんでます。新納さんの携わったゲームはやっぱりオイラと相性良いなぁ、と再認識。

 

ということで、1月の振り返りは終わり。

 

2019年も面白い本をたくさん読めますように!

 

 

 

*1:もちろん、予定は未定w

*2:一部例外あり

2018年に読んだ本:ベスト5

2018年度は144冊(12ヶ月×12冊ペース)で本を読みました。昨年自分の考え方が変わったものや、精神に突き刺さった本は以下の通りです。どれも強烈な本でした。ほんと。

 

 

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

 

 フェルマーの最終定理が如何にして解かれたのか、を書いたドキュメンタリーであり、個人的に数学がすごく好きだったこともあり、読む手が止まらずあっと言う間に読了した一冊。長年、数多の数学者が挑戦しては破れていった問題が、徐々に解かれていく課程にワクワクが止まりませんでした。今年の個人ベスト。もう少し早く読んでおけば良かった、と本気で後悔した一冊。

ニコ動にあるドキュメンタリー番組も見てみたけど、真相に至るまでのドラマが濃厚で、本とは違ったテイストで楽しめるので併せてオススメです。

 

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 ここ数年読んだ実用書の中では図抜けて面白かった。紹介されている人間の精神構造の話は目から鱗が落ちまくり、自分の人生観までも変わった1冊。

また、この本のメソッドをどのように応用するか、という事を考えるだけで相当面白い。良い方向に応用しても良いし、悪い方向に応用しても良い。良くも悪くも自分のこれからの人生を変えていく1冊になると思います。

 

 

 全8巻の骨太SFシリーズ。当初、上下巻の2冊読み終われば終わりと思っていたら、物語の謎は深まるばかりで、どんどんシリーズの沼にはまり、気がついたら8冊全部読み終わっていました。物語の冒頭は読み慣れない専門用語の雨あられで、非常にとっつきにくい*1んだけど、一度その不思議な世界観にはまると、もう読む手が止まらない。超絶展開が目白押しで猛烈に面白い。正直な話、全部読み終わっても残る謎はあるし、割と物語に穴があるのも事実なんだけど、読むと至極のSF体験はできる、と思います。

 

 

 博覧強記の著者が、古今東西の問題解決方法を体系的にまとめ、各種解決方法と具体例を盛り込んだ本。この本に書いてあるメソッドを使えば、解決できない問題なんて無いんだろうな、と思わせるくらいの1冊。この本も、上述の「勘違いさせる力」と同様に、一回読んで終わりというのでは無くて、取得したメソッドを使うのが楽しい、とそんな感じの本。同著者が書いた「アイデア大全」という本は現在読んでいる最中だけど、こちらもなかなか骨太な1冊です。

 

 

 王道ラブコメではあるけれども、独特の文体と多重構造のストーリー展開が本当に見事。会話劇としても銀河英雄伝説を彷彿させるような切れ味で、本当に読んで面白い小説でありました。当初数冊の文章がこなれてない所と、全部読むと猛烈に長いのが玉に瑕ですが、17冊も飽きずに本が読めたという事だけでも、充分にベスト入りする作品だと思います。流行っている他のラノベも読んでみようかな、と思わせてくれたシリーズ。


----

こうして並べてみて、「スゴ本」の方の推薦本ばかりになってしまったけど、まぁ、どれも面白いから仕方ないじゃん!という感じのランキングでした。

 

今年は「天冥の標」の完結と十二国記の新作発売が本当に楽しみです。どちらも、読み終わるまで死ねませんよ、ほんと。

 

2019年も良い本とたくさん出会えます様に!



*1:指輪物語的な感じ

2018年12月に読んだ本をレビューする

2018年12月に読んだ本は11冊でした。今年に入って144冊読了で、毎月12冊のペースで読んだ感じかな。今年もたくさん本が読めて楽しかったです。

2019年もこのペースで本を読むのは流石に大変なので、今年は10冊/月くらいのペースに戻して読書したいな、と思っています。

 

さて、12月も原則として面白い順に並べてみましたが、1位は「人を束ねる」1択ですね。先日、急逝されたエスパルスGMの久米さんが書いた本であり、個人的にはこれ以外に1位は考えられません。惜しい人を亡くしました。ほんと。

 

・人を束ねる 

・天冥の標10-1

本好きの下剋上 4-5

・決断=実行

・文章の書き方

・最速のリーダー

・やる気を引き出すモノの言い方48

・なぜか不思議と部下がついてくる上司のルール88

・気功革命 秘伝・伝授編

・人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

・気功革命(3回目)



 

人を束ねる (幻冬舎新書)

人を束ねる (幻冬舎新書)

 

 サッカーの名GMである久米さんが名古屋GM時代に書いた本。ご自身の経験をベースに、GMとしてのノウハウを惜しげも無く出してある本であり、選手獲得の裏話から、チーム運営の具体的な手法が書いてあり、サッカーファンとしては読んで損なしの本だと思います。

また、マネージャー論としても秀逸であり、上に立つ人がどんな事を考えて、どのように振る舞ったら良いか、が丁寧に書かれていて、本当に参考になる。

もう少し長生きしてくれたなら、日本サッカーをもっと変えてくれたのに違いないと思う。本当に惜しい人を亡くしました。GM引退後に日本平スタジアムに観戦に来てもらいたかったな、と心の底から思いました。

 

 

 待ちに待った天冥の標の最終シリーズの第1巻。物語の広がった風呂敷をどうやって閉じるの、とか思ったら、時代を行き来する中編集で攻めてくるとは思わなかった。

最初の中編を読む限りは「作者は物語を閉じるのを、半ば諦めたのかな」とか思ったんだけど、続きの中編を読み進めるにつれて、すべての物語をきちんと閉じようとしている作者の覚悟みたいなものが伝わってきて、巻の途中からは本当に読む手が止まらずあっと言う間の読了。

物語の終着点もどうやら見えてきたし、その終着点に向けて作者がどのような物語を紡いでいくか、今から楽しみです。もちろん、読者が想像しないような終着点にたどり着いてくれても良いんですけどね。

 

 

 第4部も5巻目となり、登場人物が増えすぎて頭の中を整理するのが大変だけど、その苦労が報われるストーリー展開だから嬉しい。今回は大きなストーリーの転機はないものの、各種イベントは盛りだくさんで、登場人物たちのやりとりを読むだけで楽しい。主人公の暴走っぷりも相変わらずなのも良し。

書き下ろしの短編も非常に切れ味が良く、かつ本編を補完する内容となっており、作者の確かな筆力を感じる。

あと、物語自体はWeb版で完結しているとは言え、3ヶ月毎にきちんと出版されるのも非常に好感が持てる。続きが出るのが本当に楽しみです。

 

 

決断=実行

決断=実行

 

 落合さんの書いた監督論。

この方はオレ流を貫いているという印象が多いけど、思考は極めて論理的であり、それを周りに適用しようとするが故に、論理的じゃ無い人の間で摩擦が生じるという構造なんだな、という事がよく分かった。

結果を出せば後はその結果のみが残り、課程やら手法は霧散してしまう、というのは確かにその通りだよな、と思ったりした。何にせよ、生きていく上で周りに忖度しすぎずに、自分が良いと思った事をやる方が良いよな、とそんなことを読後に感じた。

 

 

文章の書き方 (岩波新書)

文章の書き方 (岩波新書)

 

 古今東西の名文を集め、その名文をベースに、どのように文章を書いたら良いかをまとめた本。章ごとにまとめられていて読みやすいし、解説付きで名文を見ることで、自分が実際に文章を書く時にどんなことを意識したら良いか、がよく分かる。色んな名文を読むと、自分も文章を書きたくなってくるから不思議。

 

 

最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる

最速のリーダー 最少の時間で最大の成果を上げる

 

 これからの国際社会を生き抜くには、残業0有休所得率100%をめざし、外国人の登用が必要不可欠である。残業0や有休を取得するには、業務改善や業務スピードを上げるのが必要不可欠であり、その施策を会社全体で行う事で、企業の質が高まり、国際社会で生き抜くことができる、という感じの本。

実際のステップやポイントがたくさん載っており、すべてを採用するのは不可能でも、実現可能そうな箇所を取り入れるだけでも効果が充分でると思う。

 

 

 上司が部下にかける言葉として、どのような言い方をすると良いのか(もしくは悪いのか)について、豊富な実例を元に記載している本。

会話中心で書いてあるため非常にサクサク読めるし、具体的な会話のヒントがたくさん書いてあり、自分が何気なく使っている言葉が思わぬ落とし穴になる事もあるな、と感じたので、自分の発言について色々と見直してみる良い機会となった。

 

 

3万人の管理職を教えてわかった なぜか不思議と部下がついてくる上司のルール88

3万人の管理職を教えてわかった なぜか不思議と部下がついてくる上司のルール88

 

 上司としてどのように振る舞えば良いのか、という事が気になって読んだ本。考え方は端的にまとまっていて読みやすい本であり、参考になる点も多い。ただ「これは今の時代にはそぐわないかも」と思うこともいくつかあったりして、すべてを鵜呑みにするのでは無くて、自分が良いと思った事を取捨選択した方が良いな、という印象。

 

 

気功革命 秘伝・伝授編〈巻の2〉功に成る (正しく気功革命に入門するためのDVDブックシリーズ 2)

気功革命 秘伝・伝授編〈巻の2〉功に成る (正しく気功革命に入門するためのDVDブックシリーズ 2)

 

 気功革命DVD本の2冊目。気功の本質として体の緊張感を取る事が大切であり、そうすれば脳の緊張感を取る事が出来、その結果気の消耗が減ったり外から気を取り入れることができる、という事が書いてある。なるほどな、という感じ。

付属のDVDもわかりやすく、タントウ法の正しいやり方もよく分かったし、気功を実践するには非常に良い本だと思う。

 

 

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 定期的に再読して血肉にしたいと思って再読。再読して思うのは、この本のノウハウは非常に強力であり、生かす方法も数多に思いつくけど、「じゃあ、自分自身はどのように社会人としてふるまいたいのか」というのをきちんと持ってないと、ダメだよなということ。

言い換えれば、ノウハウ自体はものすごく有用だけど、どのように使うか、何を目標としているのか、を明確化しないと、自分自身が迷走してしまうんだろうな、と思う。

 

 

気功革命――癒す力を呼び覚ます

気功革命――癒す力を呼び覚ます

 

 読むのは3回目。気功をやることで、体調不良が取れるのでは無いか、と思い、夜寝る前に読むことと、朝一での実践をしばらく継続中。薄皮を剥ぐように体調が良くなっている気もする。まずは、気を溜めるよりも、体の中の悪い気を抜く、という事を意識していこうと思う。


----

という感じで12月も楽しく本を読めました。

 

12月のゲーム生活的には、ハースストーンの新拡張が出て色んなネタデッキで楽しんでいたら終わってしまった印象。地球防衛軍は90%くらいで停滞しているけど、2019年でクリアしたいな、とは思っています。果たしてどうなることやら。

 

これ以外は、インディーゲームである「デッド・セルズ」のSwitch版を買ってひたすら遊んで終わり。メトロイド(もしくはドラキュラ)とローグと魔界村の面白いエッセンスを混ぜ合わせたゲームであり、個人ともどれも大好きなゲームのハイブリッドなので楽しくて当然なんだけど、混ぜて生じた混乱は様々な追加要素で見事に押さえてあり、ゲームとしての完成度が異常に高い。

昔のアーケードゲームのイメージで細切れで遊べるし、遊べば遊ぶほどアクションはうまくなるし、やればやるほど強くなっていくRPG的要素もあるし、やめどきが分からなくなる恐ろしいゲーム。ラストダンジョンまではほぼ安定して到達できるようになったので、そのうちクリア出来るのかな、とは思っています。

ということで、2018年も楽しく本が読めました。2019年も面白い本がたくさん読めますように!

 

Dead Cells|オンラインコード版

Dead Cells|オンラインコード版