読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

ペルソナ4ゴールデン 割とネタバレ有りの感想

 
ペルソナ4ゴールデンについて、割とネタバレありで感想を書きたいと思います。
ネタバレ無しの感想も書いているので、興味がある方はこちらをどうぞ。
 
全体雑感
ペルソナ4って面白いゲームだとは聞いていたけど、他の活動を中止してまでも120時間遊び続けるとは思わなかった。毎日コツコツ遊んでいたハースストーンも完全停止、読書もほぼ行わず、DVD等も見ない、という感じで、自分が自由になるリソースをほぼペルソナにつぎ込んだイメージ。攻略本を読んでいる時間も含めると何時間費やしているか分からない。怖い。
 
元々、真女神転生シリーズは好きで、幾つか遊んでいた経緯はあるので、システムや悪魔には馴染みはあるんだけど、ペルソナシリーズは一つも遊んだことが無かった。なんとなくの食わず嫌いというか。ただ、あまりに評判が良いのと、たまには女神転生シリーズも遊びたいな、と思い軽い気持ちで購入したら大当たり。どんなゲームを遊ぶのかって縁も運もあると思うんだけど、まぁ、ものすごい良縁を頂いたな、という気分。
 
さて、このゲームを2周遊んでみて感じた感想をネタバレ全開で書こうと思います。未プレイな方はこんな文章読んでる前に、是非ゲームを買って遊んでみてください。損はしません。*1
 

オープニングムービー

音楽とアニメーションが融合していて非常に完成度が高い。今考えるとこのオープニングから魂を鷲づかみされたなぁ、と思う。ペルソナ4の世界観をうまく提示しつつ、登場人物を小気味よく紹介していき、ゲームへの期待感を高めてくれる最高の出来でした。ちなみにゲーム内に入っていた無印4(PS2版)のオープニングも見てみたけど、無印のオープニングも非常に完成度が高くて良い出来でした。どちらも甲乙付けがたい。ゲームクリアしてから見ても、良く出来てるなぁ、と改めて感じた。
 

ストーリー面

全般的には完成度が高くて非常に満足。登場人物達はどれも魅力的で、様々な悩みを抱えつつ、主人公と共に成長していく様を見れて良かった。またパーティーの仲間が成長すると仲間のペルソナも成長したり、戦闘中に有利に活動してくれる*2、という展開は良かった。また、パーティーの仲間も温泉旅館の跡取りからスーパー経営者の息子、格闘好き女子、老舗の跡取り、アイドルから探偵までいてバラエティに富んでるのも好印象。
 
不満点としては、1周目遊んだときに真犯人*3が消去法で分かってしまったところかな。舞台が田舎町なので、割と古典的な推理小説の某ネタと同じものを仕込んであるなと、割とあっさり察しがついた。プレイヤーを惑わすような犯人候補*4を追加してくれれば、「あの人、現場に良く出入りするから、犯人だと思っていたけど陰で助けてくれたんだ!」という展開になっても面白かったし、犯人らしい人が多ければ推理も色々出来て良かったのにな、と思ったりもした。
 
あと、「主人公をテレビに入れるようにした」人は、真相が分かったときに唐突感が大きすぎて「こんなのわからんし、びっくりもせんわ!」と思ったのも記載しておきます。もうちょっと伏線やら仄めかしが合ってもよかったのになぁ、と。ただ、2周目遊んで、全ての絆をMAXにしたらちょっとだけ印象は変わった。全員のストーリーを読んでいると唐突感が若干減るね。
 
あとクマの正体がちょっと肩すかしかな。もうちょっとクマという存在自体をストーリーやシステムの根幹部分に絡ませることが出来たんじゃ無いかな、とは思う。たとえば、あの世界の住人をやっている理由は○○で、みたいな裏設定があっても良かった。単に○○から変化しました、だと「は?」みたいな感想しか正直無い。もったいない。まぁ、普通の存在だからこそ良い、というストーリー上の設定もあるので、どっちが良いのか、は難しいけどね。個人的には何かのロジックやら理由が欲しかったし、とある出来事があったので、変化出来たと言う方が物語に深みが出来た気はする。
 
主人公との同居人である叔父といとこはどちらも素敵でした。叔父は適度に威厳がありつつ、とある事件の影響で陰がある設定も良いし、その反面いとこがかわいすぎて、家庭菜園とか手伝ってくれるシーンは飛ばせるのに毎回見てしまった。*5いとこはジュネス(スーパー)を偏愛していて、ジュネスのテーマスングをまねするのも可愛い。とある事情でいとこが居ないときの家庭菜園の切なさといったらなかった。あの展開はうまいなぁ、と思った。
 
あと、物語終盤の事故や病院の展開は唐突感が大きすぎるかな、とは思った。また復活劇も理由が足りない印象。「こういう事例もあるんですよ」で終わらせず、復活の舞台裏として、もう少しクマやら裏設定やら黒幕*6をうまく絡めても良かったのになぁ、と思った。霧の影響で体調が悪くなったけど、クマの力があって復活したとか、黒幕に一矢報いたから復活したとかなら、もっと感動できた気がする。これまた、もったいないな、とか思った。もちろん、全ての場面にきちんとしたロジックを組み込む必要は無いと思うけども。
 
それと、最終場面で叔父が主人公をもっと問い詰めても良いのに「世の中には理解出来ないこともあるんだよな」という独白で叔父の中で自己解決というのも腑に落ちなかった。きちんと説明するか、叔父をテレビに入れちゃえばよかったじゃん。まぁ、余計にややこしい話になったかも知れないけど(笑)
 

システム面

セーブポイントも豊富で、かつセーブ時間も一瞬なのが非常に快適。移動時のショートカットも非常に快適。あとクエストを発注した登場人物に印が出て、クエスト報告しやすいのも良かった。また、日常の時間を消費する際に、登場人物との絆を深めるのを優先するのか、主人公の能力値を高めるのを優先するのか、を選ぶのも良かった。各登場人物との関係性を深めるのには最低10日必要*7だし、主人公の能力(知識、根気等)を高めるのも時間がかかるし、なんにせよゲーム終盤までやることが尽きないのも良いバランス。2周目は自分の能力を1周目から引継で始められるけど、全員との絆を深めようとすると割と日数がギリギリなので、これ本当に良く出来たバランスだな、と感じた。
 

ダンジョン面

 敵の弱点狙うと敵が転倒しもう一回自分のターンになり、全員弱点を狙って転倒させると味方全員で敵全体をボコ殴りできるというシステムが非常に良く出来ている。弱点を全箇所狙うようにペルソナ育てておけば、まぁ戦闘はサクサク進む。また、戦闘終了後にランダムで各種カード*8を得る事が出来るんだけど、ボコ殴りすると必ずカードをゲット出来るので、常に相手の弱点を突くことを考えるとメリットが大きいというシステムも良く出来てる。
 
また、戦闘後のカード選ぶシステムも良く出来ており、複数枚取ろうとすると経験値やアイテムを犠牲にする必要があったり、短期的に「カードによる体力・精神力回復」を選ぶのが有利だけど、長期的には「ペルソナ」「スキルカード」を狙う方が有利、などの二律背反がたくさん仕込んであって、毎回頭使わないといけない。ほんと良く出来てる。2周目最後までカード選択が惰性にならず「カード選択できちんと悩む」事ができるバランスは見事。
 
あとダンジョン入り口でセーブや回復、ペルソナ合体等が可能。過去に自分が作った強いペルソナもお金はかかるけど呼び出し可能。スキルカードシステムにより、自分が好きなスキルを、好きなペルソナに付けるのが比較的容易。ダンジョン内での一度階段を見つけたらいつでも「次のフロアに行く」事が出来るのも猛烈に便利。また、ダンジョン途中で脱出も簡単だし、同じフロアへの復帰も簡単。ちょっと宝箱に敵(シャドウ)が入りすぎだろ!とは思ったけど、まぁそれも許容範囲内。
 
ダンジョン内から戦闘中に至るまで登場人物が良くしゃべるのも好感触。こんなにしゃべるゲームは見たこと無いです。*9ただ、戦闘アニメーションは見応え有るんだけど、何度も同じアニメを何度も見なくてはならず、中盤くらいからは「あーアニメーション短縮(もしくはカット)したいわー」とか感じた。ショートカット機能があればほんと良かった。まぁ、同じアニメを何度も眺めるのも味と言えば味。
 
それと戦闘シーンにおいて状態異常が非常に強いゲームなんだけど、1戦闘が終わる毎に状態異常が自動的に治るのも地味に便利だし、後半になると1戦闘後にHPやSPが回復するので、非常に快適。ダレ気味になる後半に向けてこういうバランスにするのはうまいな、と思う。
  

その他雑感

ゲーム内で季節感が非常に出ている。景色が変わるのは元より、登場人物の服装や音楽まで変わるのはびっくり。本当に丁寧に作り込んであるなぁ、と感心しきり。あとイベント(海、スキー、初詣)に応じて服装が変わるのも良いし、どの服装も非常にセンスが良い。各キャラ毎にイメージカラーがあるんだけど、それを出しすぎず良いコーディネートになってる。
 
また、季節毎の大型イベントは、選んだ登場人物毎に音声付きのセリフがあり、「どんだけ作り込んであるのよ」と更に驚く。1度に見れるのは一人だし、セーブ・ロードを駆使すれば全員分チェックできるけど、全部見る時間は無いので全員分はチェックしませんでしたけど、よくもまぁこれだけ準備したなぁ、と。
 

個人的な改善希望点

・上述のとおり戦闘アニメーションはもっと短縮した方が爽快感が上がると思うし、プレイ時間も短くなって好印象。
・学校メンバーの試験結果が見れると面白かった。メンバーと一緒に勉強するとそのメンバーの順位が上がる、とかだと面白くなった気がする。*10
・仲間がセットできるスキルが8つに限定されており、要らないスキルは捨てるしかなくなるのがちょっと不親切。捨ててしまったスキルは一応復活可能だけど、昼間の時間を使うので現実的で無い。個人的にはスキル自体は全部保持しているけど、一度にセットできるスキルは8種類。ダンジョンによって自由に組み替えられる、という方が自由度が高まって面白かったのでは、と思った。あと、終盤に来ると仲間が持ってるスキルが主人公のペルソナに比べて微妙に弱くなるので、レベル80、レベル90で仲間に限定でスキルカードを各1枚使わせてくれるとか、もっと強いスキルを覚えさせてくれると良かったな、と思ったりした。
 
・登場人物達との関係性は基本的に1ルート*11しかないため、多少の派生があっても良かったかも。たとえば、とあるルートにいくとある秘密が分かって絆が深まるけど、別ルートに行くと違う秘密が分かってその人の別な側面が見える等。あと、ある人と仲良くなると、別の人とは仲良くなりづらくなるとか、長期間話をしないと縁が離れていくとか、実生活でも良くある構造を入れても面白いかもとかちょっと思った。*12
 
・クエストの大半が「一度行ったダンジョンに再度潜って素材をゲットする」というタイプなので、もうちょっとバリエーションが欲しかった。龍が如くみたいに妙なサブゲームを入れてみたり*13、他の登場人物達に絡ませたクエストがあっても面白いなと思った。学校内の派閥調整イベントとか、陽介の成績を上げよう!とか、完二の店の売り上げを上げよう!とか、そういうのもやってみたかった。
 
・あと、パーティーメンバー以外の絆を深めても、「特定のペルソナ合成時にレベルが上がる」という特典しかないのが弱いかな、と。もうちょっと違う意味で有利になる設定になっていると面白い買ったのにな、と思った。お店の人と仲良くなると、思わぬモノが買えるようになるとか、安く買えるようになるとかだったら面白いな、と思った。
 
・夜間バイト時に、自宅でショートカットを使っても、自宅から外に出る→外から商店街へ向かう→商店街でバス停をクリックと3アクション必要なので何気に面倒。自宅で「バイトに行く」を選択→「バイトを選ぶ」と自動的にバイト先、という2アクションなら簡単な気がした。
 
あと全般的に非常にスタイリッシュなゲームなんだけど、メニュー画面がいまいちなのが若干のマイナス点。もうちょっとスタイリッシュなメニューが作れたんじゃ無いかなぁ、とは思った。何度も開くだけに、開く度に「なんかいまいち」という感覚はぬぐえず。最後の方はさすがに慣れましたけど。
 
それと本作とは全然関係無いけどペルソナ3も遊んでみたくなったので、VITAでリメイクしてくれないかなーとかちょっと思った。間違いなく買いますよ。
 

雑感

まー色々と書きましたけど、久しぶりに無類に面白いゲーム遊んだなーという感想。まさか1周目終わった後に2周目にすぐさま着手し、一気呵成に2周クリアするとは思わなかった。おまけにやりこむつもりも無かったけど、プラチナトロフィーまで取ってしまいました。トロフィーの設定もきつすぎず緩すぎずこれまた見事な塩梅。最後まで楽しんでゲームをさせてもらいました。ほんと素敵なゲームでした。ペルソナ5にも期待しています!
 

 

ペルソナ4 ザ・ゴールデン PlayStation (R) Vita the Best

ペルソナ4 ザ・ゴールデン PlayStation (R) Vita the Best

 

 

 

*1:たぶんw

*2:追撃してくれる、状態異常を治してくれる、かばってくれる等

*3:テレビに入れるようにした人じゃない人ね

*4:自警団的に事件を解決しようとしていた人など

*5:流石に2周目は飛ばしましたけど。

*6:霧の世界を作った張本人

*7:一部例外除く

*8:ペルソナやスキルカード等

*9:まぁ、他にもあるかも知れませんが

*10:まぁ、システムとして複雑になり過ぎちゃうかも知れないけど

*11:もしくは恋愛関係になるという2ルート

*12:複雑になりすぎちゃうかもしれないから、今のままでも良いかも知れないけど

*13:これは好き嫌いあるけどw