読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

2015年読んだ本:ベスト5

 
2015年にオイラが読んで面白かった本のベスト5です。ジャンルが違いすぎるので順番を付けるのが意味が無いので順不同で。どれももっと早く読んでおけば良かったな、と思わせる作品でした。また折に触れて読み直したいな、と思います。
 
 
 ワン・シング
 データの見えざる手
 意志力の科学
 ワークルールズ
 最速でおしゃれに見せる方法
 

 

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

  • 作者: ゲアリー・ケラー,Gary Keller,ジェイ・パパザン,Jay Papasan,門田美鈴
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2014/01/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 「ワン・シング」は簡単に言うと、重要な一つの事に集中すれば人生は好転する、という話。自分にとって大切な事をきちんと考えた上で、あれもこれもやろうとせずに一つの事に集中すれば良い、という内容。まずは「何が重要なのか」をきちんと考える時間を設けることと、重要な事を設定したら、それのみを愚直にやることが大切。まぁ、どれが重要なのを見極めるのが意外と大変なのと、重要事項を一つに絞り込むのも大変だし、一つの事だけに専心して進めるのも大変なんだけどね。一つの事に絞り込めば良い、というのは文字にすると陳腐な印象ではあるんだけど、非常に有益なアドバイスだと思うので、常に意識して生活していきたいな、と思う。

 

 「データの見えざる手」はApple Watchのようなウェアラブルデバイスを付けて活動を記録することで、人の活動特性が分かるという本。人が一日に活動できる活動量は固定で有り、たとえば重たい活動は1時間、軽い活動は8時間等決まっているため、先に重たい活動を使い切ってしまうと、一日で重たい活動は出来なくなる事や、人と人が会う確率は会わない時間に反比例する事(要は頻繁に会っている人には再会する確率は上がるが、会わないでいればいるほど会えなくなる、と言う事)や、人的にネットワークをたくさん持っている人に運が来る事、が書いてあって、非常に示唆に富んだ内容。自分の活動やビジネスに応用できる内容が満載で面白い。自分の活動をコントロール出来るアプリがApple Watchで出たら良いのになぁ、と思ったりした。

 
WILLPOWER 意志力の科学

WILLPOWER 意志力の科学

 

 「意思力の科学」は、意思力というのは筋肉と同じで使うと疲労を生じてしまう。ただ、鍛えることも可能という事が書いてある本。重要な決定事項は一つにした方が良いと言うことも書いてあり、上記の「ワン・シング」ともつながる内容でもある。また、計画を書くだけで意思力の消耗が減るという、GTDの効用を裏付ける内容が書いてあったり、習慣化することで意思力を節約できるという事、月間計画が有効である事も書いてあり、こちらも非常に示唆に富んだ内容。意思力を味方に付けることが出来れば、色んな物事が進むと思うので、優先的に読み直したいな、と思う。

 

 

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

 

 「ワークルールズ!」はGoogleの人事担当役員が書いた本。採用方法から人事考課方法、報酬の決め方、職場環境の変え方、社員のモチベーションを向上する方法等、明日から使えるノウハウが満載で、人事担当部署の人は漏れなく読んで損なしの内容。そのまま使える内容もたくさんあるし、参考にしても良い事例もたくさんある。かなり理想に近い人事システムだなぁ、と個人的には思った。こういう会社で働きたい。 もちろん、全ての会社がGoogleと同じ人事システムにする必要も無いけれども。

 

 

最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 

 「最速でおしゃれに見せる方法」は都合3周読んだ。個人的にファッションにあまり興味が無く生きてきたけど、この本はファッションが理論だって書いてあるので、理屈が大好きなオイラ的には非常に楽しめた。最近は道ばたを歩いている人の服装に目が行くようになり、「この人はおしゃれだなぁ」とか「この人はおしゃれじゃないなぁ」というのがなんとなく分かるようになってきて、これはこれで面白い。審美眼が出来れば、自分が実際に服を買うときの参考にもなるしね。あと、この作者のメルマガも読んでみて、年末から1月にかけてオススメの商品を10点ほど買ってみた。早速着てみると確かに良い感じで、今まで来ていた服装からはかなりおしゃれに近づいたなぁ、と思ったりもした。まぁ、いきなりたくさん買い物するのも(気力的、金銭的に)大変なので、自分の着ていた服をすこしづつ入れ替えていきたいなぁ、と思う。

 
さて、昨年度読んだ本は全部でちょうど100冊でした。(再読含む)今年も年間100冊が目標です。ワクワクする本をたくさん読んで、ワクワクする人生を過ごしたいね。