読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

周りから何かをしてもらうかを考えるよりも、自分が何が出来るかを考える(No Border第5回目投稿分)

読み物

「これからの日本を良くするために、ブロガーでこそ出来る事を提案してください。」


この問題について私が答えるとするならば、今の日本を包んでいる閉塞感の大きな要因は「周りが何とかしてくれる」と思っている事だと思っています。


言うなれば、今の閉塞感って
・学校が何とかしてくれる
・会社が何とかしてくれる
・国が何とかしてくれる
・親が何とかしてくれる
・上司が何とかしてくれる
・同僚が何とかしてくれる
と、自分以外のものに助けを求めているのが原因であると思ったりします。


上記の裏を返せば「学校が悪い、会社が悪い、国が悪い、親が悪い、上司が悪い、同僚が悪い。」という話になりがちです。ただ、本当に周りだけが悪いのでしょうか?もちろん、周りにも悪いことはあるでしょうが、それほど周りだけが悪いとは正直思えません。


私はこの閉塞感を打開するのには「周りから何かをしてもらうかを考えるよりも、自分が何が出来るかを考える。」のが必要だと考えています。言い換えるなら「周りからの脱却と自立」が必要だと感じてます。そしてブロガーとして何が出来るのか?を考えたときには、「日本*1がどうやったら良くなるのか?をブログのエントリとして発信し続ける事」だと思っています。自分の頭で考え続ける事=自立だと思うから。*2


東日本大震災が起きてから、自分は何が出来るんだろうか?と考え続けていました。個人的に出来たことは、ささやかながら寄付を継続するぐらいで、具体的な行動は殆ど行う事が出来ませんでした。これからは、ブロガーの武器であるエントリを使って、この未曾有の閉塞感をどうやったら脱却できるのか?を考え続けたいと思いました。


具体的には
・寄付について改めて考える*3
・個人で出来るエネルギー問題への対策
・仕事を効率よくこなす方法
・自分の健康について考える*4
・ダイエットしよう、運動しよう
・持たざる暮らしについて
などなど。


テーマは色々あるけれども、真っ正面から日本の閉塞感を打破するために、エントリを書き続けていこうと改めて思いました。今後のオイラの活動を温かい目で見守ってもらえると嬉しいです。*5
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この記事は、かなり遠い昔にブログ企画「NoBorder」に投稿したエントリに加筆・修正したものです。

感想

日本の閉塞感をどうにかしたいなと常々思っていました。*6そして社会情勢は違うけれども、Twitterで国の形が変わった国も沢山あるから、ブロガーが出来る事もあるよな、と思ったりしました。*7


もちろん「ブログ書くくらいで世界は変わらないよ」と一方では冷静に思っています。政治家になるのが早い、という結論もある意味正論だとは思います。そういえば、どうでも良いけど小さい頃の夢が総理大臣だったのを思い出した。*8


あと「小説仕立て等の変化球ではなくて、くそ真面目なエントリでお願いします」という縛りを当初設けたのは、サッカーで言うと「手を使わないでくださいね」というくらいの意味だったので、もうちょっと想像の斜め上のようなエントリがでてくるかな?と予想してました。けれども皆様、真正面から受け止めてくださって本当に有り難かったです。


ともあれ、自分のお題に対して、11人の人達が文章を考えてくれる、というNoBorderの企画は本当に面白かったな、改めてと思いました。皆様のご協力に感謝します。当時はどうもありがとうございました。


今だったらどんなお題を出していたかな?とかたまに考えたりします。「あなたが一番好きな食べ物と嫌いな食べ物ついて熱く語って下さい」とか「自分が一番時間とお金を費やした趣味について書いて下さい」とかになるかなーとか思ったりした。やっぱり、人の話を聞くときって「その人の琴線に触れた話」が一番面白いからね。


オイラはこうして文章を書くのが結構好きだなーと改めて思ったりしました。

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)

私のお題に対するエントリ

・NoBorder(第五回)

*1:もしくは自分自身

*2:考えすぎて何もやらないこともあるけどw

*3:ヤマトの寄付や、ほぼ日の寄付

*4:頑強でなく、健康で。

*5:もちろん、生温かい目でも良いんですけどねw

*6:今現在は、明るい兆しは見えてきているけれども。

*7:まぁ、現状では変わった国々も混乱の最中にあるみたいなので、良い点ばかりとは言えないんだけども。

*8:今はとてもできないな、とは思うけども。