読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

今ごろメタルギアソリッド4感想を書いてみる


クリアしてからずいぶん経過しますが、当時遊んでいたときのメモが見つかったので、感想としてまとめてみる。結論から言うと「ものすごく面白かった!」。ソフト自体も買ったのがずいぶん前だったので、もっと早く遊んでおけば良かったというのが正直な所です。


MGS(メタルギアソリッド)の世界は一応、これで終わりと言っても過言では無い大団円だったと思う。MGSシリーズを1−3まで遊んでいる人は、やって損無し。*1MGSファンであればあるほど満足出来ると思うから。ただMGS1−3を遊んでない人はやらない方が良いかなとも思う。MGS4のストーリーがMGS1−3を遊んだ人前提のストーリーになっているので、遊ぶと随所で「何だこれ?」という感じになると思うから。


さて、ゲームを遊ぶ前に「ムービーが多すぎる」「ロードが多すぎる」「プレイ時間が短い」「毎章のインストールが長い」という悪い評判を沢山読んでいたけど、どれも「そんなに気にならなかった」というのが正直な感想。ただ悪い評判を沢山読んでいたので、自分自身のハードルが下がっていたという気はする。


ともあれ小島監督を始め、コナミのスタッフの方々、声優の方々、関係者の方々、「本当に良いゲームを届けてくれてありがとう」という思いで一杯です。


以下はネタバレ全開で感想を書きます。

良い点

・ストーリーがきちんと終わっていたのが何より良かった。
雷電とローズ、キャンベルとメリルの関係性にもきちんとオチが付いたのが地味に嬉しかった。
・最後に出てきたビッグボスも良いオヤジ風で気に入った。
・ビッグママの正体も良いよね。
・オクトカムとスレットリングが慣れると非常に使いやすい。
・森の中でナオミを追跡する場面は新しい。
・夜の町の尾行シーンも良く出来てた。
・BB部隊はMGS1のつながりが濃厚で良かった。
・マンティス、ウルフ再来は良かったなー特にウルフの雪のシーンがMGS1を思い出した。
・戦艦ミズーリメイリンの使い方が良い。
メイリンは美人過ぎてビックリ。相変わらずの格言も良し。
・フォックスダイの使い方がうまい。変異とか新しいのを入れたから上塗りとか。
・バイクの射撃シーンはスピード感があるし新しいと思った。
シャドーモセス島の再現は本当にビックリした。鳥肌物。
メタルギアRAXをまさか使えるとは思わなかった。この展開は予想外。
・最後の殴り合いはお約束ながら結構よかった。
・ラストで各ゲームのテーマソングとか流れてきて「おおお!」と燃えた。
・ローズとサニーの声優さんが両方とも井上喜久子さんだと後で知ってビックリした。*2


気になった点

民兵とPMCの区別が良く分からなかった。
・常時繋がる無線が2名だけとか寂しすぎる。
・ドレビンや雷電ともっと無線がしたかった。
・武器について解説が少ない。
・映画的演出を狙って画面に血しぶきとか波しぶきが付くのがうっとうしい。*3
・スネークが腰を痛がるエフェクトも同様。ムービーで数回見せてくれれば良い。*4
・ナオミが死ぬ必然性が無い。生きて償う手もあるでしょうに。
・BB部隊が正気に戻った後に、もう一回殺す意味が分からない。*5
・電子レンジのシーンの△連打も不要かと。*6


感想

ムービーを見ている時間がとにかく長いのは間違いないところ。MGSシリーズに興味がない人が見ると間違いなく「単なるムービーゲー」という感想が出ると思うけど、MGSファンからすると「おおおおお」と思うシーンの連続でムービーを見ていて全く飽きることが無い。むしろもっと長くても良いかなーとも思ったり。


一方、「ゲーム」として考えるとやっぱり遊ぶ余地が少ないかな、というのも事実。操作している時間が短いのでゲームとしては物足りないかな?とも思ったりする。


繰り返しになるけど、MGSファンは間違いなく勝って損無し。やらずに死ねるか、のレベルだと思う。

余談

「小説版は先に読むな!」感動がものすごく薄れる。ゲームをクリアした後に読むのが良いと正直思った。


*1:というか遊ぶこと必須だと思う。

*2:というか、まったく気がつかなかった。

*3:ゲームを通じて数回で良いと思った。

*4:ゲーム中に何回もやるのは演出過剰だと思う。

*5:演出的な意味はあるんだろうか?と感じた。

*6:MGS1の拷問シーンの再現と思ったのかも知れないけど、正直面倒なだけだった。