読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

Google+で成功した理由を分析してみた


普通の女子大生がなぜ、Google+で「日本一」になったのか - nanapi Web



上記記事を読んで、彼女がなぜGoogle+で成功したのか?という理由を考えてみた。

Google+という新鋭のサービスを利用した

始まって数ヶ月なのでユーザが少なく上位に食い込みやすい。たとえば、すでに大多数の人が使っているTwitterFacebookを利用していたら、ここまで注目はされなかったと思うので。

写真に特化した

写真というキャッチーな素材を取り上げたのが上手いと思った。文章は読むためにはハードルが高いけれども、写真は見れば良し悪しが一瞬でわかるので。加えて写真が嫌いで写真を撮るのが素人でも一日700枚とれば上手くなるんだな、と素直に思えた。

PDCAサイクルをきちんと回している

PDCA(計画、実行、評価、改善)のサイクルがうまく出来ているな、という印象を持った。(計画)写真を軸にすると決める→(実行)写真を撮りまくる→(評価)反響のある写真を研究する→(改善)反響がありそうな写真をアップする という形で、自分なりの戦略を持って動いているな、と感じた。こういう基本がきちんとできているから評判がどんどん良くなっていくんだろうな、と感じた。

毎日愚直に繰り返している

毎朝朝焼けの写真を撮るというのは並大抵の精神ではつとまらないし、毎日1枚の写真をアップするというのも相当大変だと思う。*1ブログを毎日更新しようと思って挫折しまくっているオイラからすると本当にすごいと思える。

一番で有ることを目的にしている

当初は就活が目的だったけど、そこから軌道修正して、なんの記事をアップすると良いのかを考えたり、効果的な写真のみをアップするなど、戦略を持って自分のGoogle+を育っているのが印象的だった。一番で有り続けるためにはどうしたら良いのか?を考え続ける事で、どんどんブラッシュアップしていく良いサイクルに入っていると思った。

あと一番で有りつづけるという事が本人のモチベーションアップにも繋がっているな、と感じた。

まとめ

タイミングよく勢いがあるSNSサービスを選び、何が反響があるのかをまとめ、反響が多いものを継続してアップする、それを毎日愚直に繰り返す、と言う事が成功への近道なんだろうな、と思った。*2

過去のネットの出来事を振り返るに、「百式」とか「ネタフル」もこれに近い事をやっているな、と思った。
 
あと個人的に思ったのは「読者からのリアクションが得やすい」サービスを使うのが成功の秘訣な気がする。ブログだとなかなかリアクションを得にくいけれども、InstagramGoogle+やTwitterだとリアクションが得やすいので。

蛇足のような補足

「彼女自身が美人だから成功した」という身も蓋もない指摘をネット上で見つけたけど確かにその要素はあると思う。美人ということを活かすというのも戦略だよなと思うので。

ただ、美人だから成功したわけではなく、美人であったのは成功した要素の一つに過ぎないと思う。*3

なにより「毎日愚直に継続したからこそ成功した」と個人的に強く感じるから。


7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (778件) を見る

*1:仮に3日とか1ヶ月ならなんとかなるけどね。

*2:書くと簡単だけど、これは相当必死にならないとできないと思う

*3:体感的に10%くらい?