読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

原発事故の記者会見を見ていたときに思ったこと

徒然雑記


原発事故の記者会見を見ていてある種の違和感を感じた。


専門家の人たちは(発言できる限るの)事実は言っていると思うし、誠実に対応していると思った。でも「何を言っているのか良く分からない」というのが正直な感想だった。言い換えるなら「こちらが知りたい情報を適確に伝えてこない」という事。


例えば水素爆発が起こった段階で知りたいことは、
 ・事故はどのくらい危険なのか?
 ・危険ならどの程度の対策(避難)が必要なのか?
という事なので、まず、それに絞って説明して欲しいと感じた。


○○シーベルトとかいう前に「人体に多大な影響はありません。なぜならレントゲン一回分なので大丈夫です。避難は10kmとしましたが、これは○○事故の際の避難距離を参考にしており、現状で問題無いと判断しています等々」そういう情報をまず直ぐに発表するべきだと思う。


その後、
 ・事故の概要はどうなっているのか? 
 ・事故は復旧可能なのか
 ・事故はどのくらい続くのか
というのを簡潔に知らせて欲しいと思った。


たとえば、こんな良い例があるので、これを参考にして今後会見して欲しいなと思った。
・原発に関するQ&Aまとめ+


必要なのは「事実」を伝えるのではなく「今は何をすべきか」だと思うので。


追記

という文章を、震災後5日目くらいに書いたんだけど、現状はだいぶ変わってきていると思う。
原発事故に関して言えば、きちんとした避難勧告も出ているし、事故の概要も明らかになってきているので。*1
ただ、復旧可能か、どのくらい続くのか、は正直、誰にもわからないんだろうなとも今は思う。

あと上記Q&Aサイトも情報量が多くなって見難くなっているし、更新も中止になったみたいなので残念です。


今、不眠不休で原発事故に対応してくださっている皆様に本当に感謝します。
原発事故が一日も早く収束しますように心からお祈りします。

*1:新たに野菜問題とか水問題が出てきちゃいましたけど。