読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

楽毅


諸葛孔明が「自分は管仲楽毅である。」と言った両軍師の事を知りたいなーとか長らく思ってた。*1


そんな中、宮城谷 昌光さんが楽毅を書いていると知り、早速買ってみた。文庫で全4巻。

楽毅〈1〉 (新潮文庫)

楽毅〈1〉 (新潮文庫)


愚昧な国王の下でどのように振る舞うのか?というのは非常に参考になり共感出来た。穂先の躱し方、外交上の洞察力が見事なんだよなーただ、どんなに躱しても駄目なものは駄目なのがまた悲哀を誘う。


また、王は如何に振る舞うべきか?というのを非常に考えさせられる。人を頼れない人は自滅するよなーなんて思ったり。


それとこの時代は軍師やら国の跡継ぎが他の国に亡命することって本当に多いんだよな。これだけ人材が流動化しているのと、一人の人材が移ることで国の勢力図が変わるとか、本当にダイナミックな時代だったんだなーとか感じた。


最後まで読み終わって楽毅の風格ってどこから出てくるんだろうなー奇跡のような人格だよなーとそんな事を感じた。楽毅大暴れなシーンをもっと読みたかったなーとか思ったけど、このくらいの分量で終わるのが丁度良いな、とも思った。


歴史好き、三国志好きならオススメですねー


三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

三国志 (1の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)

*1:三国志オタ的に