読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

再読して物語により深く入り込める喜び。

徒然雑記

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

先日、ねじまき鳥クロニクルを再読したんだけど、想像以上に面白い物語だなーと感じてビックリした。ねじまき鳥クロニクルは、オイラが村上春樹の文庫長編の中で唯一再読してない本でもあったんだけど、前に読んだ感想は「なんだか良く分からなかった」という子供みたいな感想だった。


今回、再読してみて「人間の心情に深く切り込んでくる作品だなぁ」と言う印象を深く受けた。


主人公と奥さんの会話がものすごく生々しいし、奥さんが突然キレる様子も昔より理解出来るようになった。また、ただ抱きしめるというシーンの空気感みたいなのもより分かるようになったというか。


年をとったが故に分かってきた価値観もあるし、村上春樹の自作に対する文章を読んで改めて意味が分かった部分もあるし。ともあれ、初読時には、本当に表層しか読んでなかったなーと反省しきり。いや、反省するというか、もったいない読み方だったなーと後悔しているというか。


ともあれ、再読してみて物語の豊潤さや話の深さが少し理解出来たようでなんか嬉しいし、なにより今まであんまり好きでなかった長編に新たな価値観を見いだした様で、ささやかな喜びを感じたりもした。また忘れた頃に再読したいな、なんて思った。