読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

アイラモルトとカリラ18年


蒸留酒の中ではウィスキーが一番好きだなーと思ったりもする。


ウィスキーの中でも特にアイラ島で作られるウィスキーが好きだ。


アイラ島というのはイギリスにある島のことで、小さい島に8つほどの蒸留所があり、ウィスキーの聖地みたいな島。*1


アイラ島は小さい島で海風が吹いている。ウィスキーは蒸留してから樽で寝かせるんだけれども、樽に海風があたり、いつのまにかウィスキーに海の風味がつく。海の香りというのは独特のヨード香なんだけれども、初めて飲んだ人に「え?」と思わせる味。ただ、はまると相当にはまる味になる。


あまりに美味しいので、同じ島国である日本人に合うのかーなんて思ったりもしている。


このアイラ島で作られたウィスキーをアイラモルトなんて呼んだりしている。


個人的には、アイラモルトの中ではラフロイグという銘柄のお酒が大好きなんだけれども、ラフロイグはかなりヨード香が強烈で、非常に特徴が有るお酒になっている。その特徴が有るが故に、そればかり飲んでいても飽きちゃうので、最近は他のアイラモルトを良く飲んでいる。


先日飲み終わったのが「カリラ」というお酒の18年もの。


スモーキーさの中に、独特の暖かみ。まるさがあって非常に飲みやすいお酒だった。アイラモルト?と言われるとスモーキーさが足りない気もするけど、ものすごい身体に合う味だなーなんて思ったりもした。


こうして美味しいウィスキーが飲めるのって幸せだよな、とつくづく思う。


また、他のアイラモルトも飲みたいなーなんて思ってる。次は何を飲もうかな、と酒屋に行くのが最近のささやかな楽しみです。

*1:何時か行ってみたいななんて思ってる。