読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク人生のススメ!

自分がワクワクすることを沢山書く事で、人生を楽しくしたいな、と思ってます。

自分語り

(36日目)疎遠な人から電話無くしたというメールが来た時の話。

結構前の話なんですが、普段連絡してない人から突然「電話を無くしたので、今後はこちらに連絡ください」というメールをもらった。その人とはかなり疎遠だったので、率直に「なんで今おいらにメールをくれるんだろう?」とか思ったりもした*1 もともと疎遠な…

(27日目)給茶機のお茶を水筒に汲んで帰る行為の是非について

オイラは会社の総務の仕事をしている。総務というのは言ってみれば何でも屋で、会社のあらゆる仕事が舞い込んでくる。 定例業務的には ・売上管理(請求書作成から入金まで) ・支払管理(備品類の請求書等のチェックから支払まで) ・月次作成(売上と経費…

(22日目)誕生日につらつらと考えたこと。

誕生日に感じていることを記録しようと思ったので、久しぶりに自動書記してみる。*1 さて誕生日を迎えたんだけど、年々自分の誕生日というものに実感が湧かなくなってきている。一年一年を大切に生きて無い証拠といえば、証拠なのかも知れないし、誕生日とい…

(16日目)かばんを持つ習慣がなかったオイラがかばんを持つようになったという話。

鞄を持つのが嫌いだった。 オイラはお酒を飲むのが好きなので、酔って鞄を置き忘れるのが怖いからというのが一番の理由。*1あと、地味に持っていると邪魔だというのもある。東京時代に満員電車に乗っていると鞄が本当に邪魔だし、鞄を持っていると本も読めな…

共感される文章について

かなり前に、会社で働いてた派遣さんの話を書いたわけですよ。そうしたら自分でもビックリするくらい反響が来た。まー反響とは行っても、ブクマが20個くらいついて、幾つか☆がついた程度ですけれども。そして、オフ会で「自分の書いた文章について話をする…

良い子からの脱却

「良い子」と言われる人は他人の評価を気にして生きてる。「良い子」という評価をもらいたいが故に他人に尽くして生きてしまい、その「良い子」という評価が自分の原動力となってる。他者に依存しているというか。人からの良い評価をもらいたいが故に、人の…

「男女関係について語る」という行為について

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/09/15メディア: ペーパーバック購入: 31人 クリック: 899回この商品を含むブログ (771件) を見る結構前の飲み会で、いきなり恋愛関係の話を振られてうまく語れなかったの…

自分の中で出しきらないと体の中で何かが腐る

自分の中にあるものを出し切らないと、冷蔵庫の中にいれっぱなしのりんごのように、外見は変わらないのに、徐々にしわしわになっていくみたいな錯覚を受けたりする。死蝋になると言い換えても良いかな。生きているんだけれども、何かが腐っていく感覚という…

エネルギーレベルが合わなくなった人とは離れてしまうのは必然

どちらが良いとか悪いとかいう話では無くて、単に合わなくなったという事だから合わなくなった人に固執しない方が良い。手放した方が正解だとそんな事をふと思った。 ただ、過去に起きた出来事や思いでまでも否定する必要はない。それはそれできちんと大切に…

数年前に精神が壊れた時の話

先に書いておくけど読んですっきりする話では無いし、かなり重たい話も書くので読むのに覚悟が必要ですよ。 ウツで飛び降りてしまう人って何で飛び降りるんだろうな?と言うことを考えたことがある。いや、オイラの元上司がダイブしてお亡くなりになった事が…

オフ会に出るようになってから自分が開く様になった気がする

もともと路上で人に道を聞かれやすいタイプなので、人に対して開いているんだなーとは思う。 一回壊れた時に、自分の中の何かの部分が閉じてしまったイメージはあった。 ただTwitterを始めて自分の内面を見せるようになり、オフ会に積極的に参加するようにな…

誤りをきちんと指摘する。

「人間というものは、自分を守ってくれなかったり、誤りを正す力もない者に対して、忠誠であることはできない。(マキャベリ)」 これは本当にその通りだ、と思った出来事があった。 先日、どうしようもない裏切りを後輩から受けた。ウチの職場は月に数回の…

したたかに生きてみる。

「全力で仕事をやると、次から次へ仕事が来てつぶされちゃうかも。」という不安があって全力で仕事が出来てなかったわけですが、冷静に考えてみると「来た仕事を全部受け止めなくて、ある程度は取捨選択すればいいじゃないの?」という当たり前の事実にある…

自分の説明書2010

最近、オフ会に出ることが多い。自己紹介をしている時間がもったいない気がするので、オイラに興味が有る人は先に読んでみてください〜*1 まーオイラは基本的に、美味しい物食べて酒を飲んでいればご機嫌な人です。 基本スペック ・中肉中背(たぶん) ・黒…

面倒くさいから○○さんで良いよ!

心が折れたわけでは無いけれども、未だに心に深く突き刺さっている言葉ってある。 その代表格が「良い人」という言葉。 オイラは昔から「酒ねこさんって良い人だよね」というのは本当に良く言われる。いや、自分でも悪い人ではないとは思うんだ。とりあえず…

(177日目)良い意味でも悪い意味でも唯我独尊

オイラは「自分の行動に対して他人がどう思っても構わない」という強さと弱さがあるのですよ。自分が信じた道に邁進することが出来るけど、他人からの忠告に耳を貸さないというか。いや、忠告は聞くんだけども、自分が納得しないと従わないというか。 なんか…

(176日目)壊れた自分を冷静に見つめてみる。

オイラは「自分を客観視する癖」があるんだよなーとか良く思う。良くも悪くも冷めているんだよね。 言い換えると自分が熱くならないというか。しかし一回スイッチが入ると猛烈に熱くなる所もあったりする。最近中々熱くなる事ないんだけどねー 過去に、熱く…

(175日目)動かない自分を如何に動かすのか?

人間というのは根本的にダラダラした生き物であり、そのダラダラした生き物を如何に動かすか、と言うことに興味が有ったりする。オイラも相当ダラダラと生きすぎた感があるので、余計にそう思う。 1つ思うのは「衝動を減らす」のが大切なんじゃという事。 …

(174日目)我欲が強い人への嫌悪感と妬み

みんな自分の事が大切なんだよね。それは特に否定はしない。もちろんオイラも自分の事が大切だ。とはいえ、やっぱり他人との協調を考えてからこその、自分の自由があると思うんだよな。 我欲成分が少ないオイラとしては、我欲が強い人と一緒にいると精神的に…

(173日目)自分が与えられた仕事をきちんとやる

「自分が与えられた責務」を果たすってのが大切なんだよな、とか思うんだよね。*1 そんな折、ほぼ日刊イトイ新聞内の「おとなの小論文教室」で以下のような文章を見つけた。 自立とは、周囲の意向や期待に関わらず、 現在の個人の意図や思いを実現する事 (…

(172日目)やりたい人はやる理由を見つけ、やりたくない人はやりたくない理由を見つける

行動するって楽しいな、文章を書くのって楽しいな、なんて日々感じているので、もうちょっと積極的に文章を書いていきたいな、と思ってる。自分が得意な事に邁進するって基本的に良い事だと思ってるので。 さてブログ書いている人で、Twitterをやっている人…

(171日目)重いと動かずに余計に重くなる

仕事もやらない日々が続くと全然働けなくなるし、ブログも書かない日々が続くとドンドン書けなくなる。グズな人間はどんどんグズになっていくというか。 そういえば体重が100kgになった時の話を思い出す。 太っていたときは動きたくないので、余計にデ…

(170日目)潜在意識の流れを作ってみる

「何を欲しているのか?」という根源的な問いに答えるために、自分自身の潜在意識の流れを確実に作り出していく必要があるんじゃないかな?と感じている。 緩やかに、そして不可逆的に。 潜在意識の流れを作るためには、古い執着を捨てるのが必要だと感じた…

(169日目)自分がやりたい事とは何なのか?

自分探しとか転職探しとか好きだ。 「ノウハウ本を読むと、何をやりたいのか?が見つけられる。」という事を思っていて、あまたの本を読んでみた。どの本を読んでも有る程度の満足感を得る事ができたが、自分の心からわき出てくるものは、ほぼ何も無かった。…

(168日目)自分の中の倦怠感と血の通った思考について

倦怠感というのが一番似合っている気がする。自分が一番やりたいことをやってないみたいな。いろいろとやりたいことがあるのに、食い散らかしておわりというのが最近のトレンド。どれも食い散らかしてりゃ、そりゃ満足感も起こりませんよ。 マンガとか小説は…

(167日目)仕事をやり直そうと思ったオイラの気持など

先月はGTDとか言ってキャフキャフしてた。仕事をやり直そうと思ったオイラの精一杯の照れ隠しです。今までの停滞感を少しづつ払拭しようと思っていたのは間違いないし、事実、仕事も少しづつだけど出来る様になってきた。 ただ当たり前だけれども、昨日ま…

(166日目)自分を救う「物語」とは。

人の心に深く届く「物語」というのは好きだ。「物語」が人を救うと真剣に思ってる。 ただ自分を救う「物語」という話は、別に自分を主人公にした小説を書きたい、とかそういう話では無くて、ありのままの自分を書くことが自分を救う行為というか。なんだ、何…

(165日目)書くことについて語るときにオイラの語ること

オイラの特性として、文字を書くのが楽しい、文字を読むのが楽しい、という事はあると思う。 ただ、書いた文章に関してどのように読まれたいのか?と言うことはあまり考えない。全く考えない訳じゃなくて、もちろん読んで共感してもらえれば嬉しいけど、そも…

(164日目)自分語りをしてみる。

自分を開示できない、というのがオイラの欠点だとか思ってる。 人見知りはするんだけど、人当たりはそれなりに良いし、愛想笑いは得意。加えて、ある程度の軽い会話は出来るんだけれども、重たい会話が出来なかったりする。その原因としてオイラは「自分語り…